コミュニケーションとは

◆ ただ単に“話す力”だけではありません

最近、コミュニケーション力について話題になることが多くなっています。特に就職活動では、企業が「学生の選考にあたって特に重視した点」として、11年連続でコミュニケーション能力が1位になっています(経団連によるアンケート調査結果)。

 

では、コミュニケーションとは何でしょうか?

 

当教室では、コミュニケーションに必要な力として、次の4つが大切だと考えています。

 

 ① 話す力(伝える力)

 ② 聴く力

 ③ 相手の意図やその場の状況を読みとる力

 ④ 自分の考えや感情を理解する力(自己認知力)

 

そして、これらの力を総合的に育むことを目的としています。

◆ “人と関わる力”をトータルにサポートします

上の①から④の力をうまく活用してよりよいコミュニケーションを行うには、社会生活における基本的な力も必要です。

 

例えば、

 

 ▼一般常識や道徳心がなければ…

   ⇒自分勝手なコミュニケーションになってしまいます

 ▼主体性なければ…

   ⇒力を持っていても発揮することができません

 ▼忍耐力がなければ…

   ⇒間違った理解や表現につながります

 

 

当教室では、この基本的な力にも注目し、社会に出て行くための力を土台作りからトータルにしっかりサポートします。